注意点も把握して

レンガのマンション

引越し業者にもいろいろあるので選ぶ時には注意を要する

仕事や学校の関係で引越しする時には時期を選べませんが、そうでない場合には引越しは混んでいない時期の行うのがメリットが大きいです。混んでない時期であれば自由に日にちを選ぶことが出来ます。いくつかの業者から見積もりを取ってゆっくりと比較することが可能です。一般的に閑散期の値段は通常よりも安くなるのが普通です。引越し業者を呼んで運ぶ荷物を見てもらって見積もりを徴収します。業者の用意する段ボールやガムテープを大体の荷物の量で使用量が分かります。見積もりに来た時に運搬人についても出来るだけアルバイトを入れないように交渉をします。繁忙期にはアルバイトでも止むを得ませんが、閑散期であれば社員だけで構成してもらうようにします。

トラブルを避けるための方法

出来るだけ社員を多くしてもらうのは引越し時のトラブルを避けるためです。引越しの際には業者が引越し荷物をキズつけたり、納入時に建物にキズをつけたりすることが多く発生します。特に、アルバイトの人は慣れていないこともあってキズの原因を作ることが多いのです。閑散期であればアルバイトである必要がありませんから、社員だけで構成が出来る業者がいれば優先的にその業者に依頼することが重要です。当然、引越し業者も作業に際してはキズをつけても保障をしてくれる保険に加入してはいますが、それだからといって荷物や建物にキズをつけられてもたまりません。社員だけの場合は多少金額的には高くなるかもしれませんが、安心して見ていられることに繋がります。